ホーム>スタッフブログ>施工事例集(クロス、床、その他内装工事)>京壁へのクロス張り(東大和市)
施工事例集(クロス、床、その他内装工事)

京壁へのクロス張り(東大和市)

東大和市にて

20167371343.JPG

この画像は元々京壁だったところへ(お客様の)「知り合いの職人さんにクロスを

張ってもらったところ、剥がれかけてきたので、何とかなりませんかと」と相談を受

けたものです。

京壁にクロスを張る時にはまず、既存の京壁が、その下地(ラスボードおよび下

塗りのコンクリートにしっかりくっついているかを調査してからになります。

京壁が過去に何回か塗り替えられていたり、ぶかぶかになっている場合は、正直

クロスを張るのはやめたほうがいい場合もあります。それが上の画像です。

 

以前施工した職人は、しっかりと総パテをかけて仕上げていたつもりでしょうけど、

このように調査が甘かったのだと思いますが、京壁ごとめくれてきてしまった箇所

が出たために、そこから剥がれが生じた状態です。

では施工に移りましょう。

 

2016737147.JPG

こういう場合もまずは調査です。 少しでもぶかぶかしている箇所を発見したら

ヘラ等を用い、徹底的にそぎ取ります。そして、これも大事なことですが、その

箇所へ通常使うパテよりも硬く仕上がるパテで、下地をガチガチに固めます。

 

20167371432.JPG

今度は大丈夫のはずです。

 

2016737153.JPG

こんな風に左官屋さんみたいな技術もないと、クロス職人は務まりません。

 

20167371522.JPG

これで完璧ですgood ご依頼ありがとうございました。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kabegami-reform.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8

ページ上部へ