ホーム>スタッフブログ>施工事例集(クロス、床、その他内装工事)>賃貸物件のクロスコーキングについて
施工事例集(クロス、床、その他内装工事)

賃貸物件のクロスコーキングについて

目黒区にて  賃貸マンションのクロス張替え

201694102318.JPG

クロスコーキングについてご説明します。

この2枚の画像は天井、壁、梁の構造になっています。

コーキングはクロスの仕上がりを引き立たせる役目があるのですが、むやみに

詰めると逆に汚らしくなってしまう場合もあります。また、賃貸物件の場合は退去

に伴い、クロスを何度も張替える前提で施工しなければなりません。

 

201694102348.JPG

クロス同士の取り合い部分は、後に隙間を防ぐ意味でも詰めた方がいいでしょう。

また、画像でお分かりかと思いますが、天井と壁との間に廻縁が回っています。

この部分は、余程大きな隙間が空いてない限り、詰めない方がいいです。

詰めると次回施工の際にクロスを剥がしにくくなり、カッターを入れなければ剥がれ

なかったりと、作業効率を妨げるだけでなく、カッターを入れる事によって廻縁や木

枠などに傷をつけてしまう事もあるからです。また、分譲の場合はきれいに納める

ことが大前提になりますので、コーキングの使用法が少し違います。

 

判断は職人にお任せ頂きたいものです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kabegami-reform.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/24

ページ上部へ