ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

京壁へのクロス張り(東大和市)

東大和市にて

20167371343.JPG

この画像は元々京壁だったところへ(お客様の)「知り合いの職人さんにクロスを

張ってもらったところ、剥がれかけてきたので、何とかなりませんかと」と相談を受

けたものです。

京壁にクロスを張る時にはまず、既存の京壁が、その下地(ラスボードおよび下

塗りのコンクリートにしっかりくっついているかを調査してからになります。

京壁が過去に何回か塗り替えられていたり、ぶかぶかになっている場合は、正直

クロスを張るのはやめたほうがいい場合もあります。それが上の画像です。

 

以前施工した職人は、しっかりと総パテをかけて仕上げていたつもりでしょうけど、

このように調査が甘かったのだと思いますが、京壁ごとめくれてきてしまった箇所

が出たために、そこから剥がれが生じた状態です。

では施工に移りましょう。

 

2016737147.JPG

こういう場合もまずは調査です。 少しでもぶかぶかしている箇所を発見したら

ヘラ等を用い、徹底的にそぎ取ります。そして、これも大事なことですが、その

箇所へ通常使うパテよりも硬く仕上がるパテで、下地をガチガチに固めます。

 

20167371432.JPG

今度は大丈夫のはずです。

 

2016737153.JPG

こんな風に左官屋さんみたいな技術もないと、クロス職人は務まりません。

 

20167371522.JPG

これで完璧ですgood ご依頼ありがとうございました。

 

 

クッションフロア張替え(入間市)

入間市にて 洋室のフローリングがかなり痛んでいたためのご依頼です。 それではきれいに致しましょうsign01

201671193918.JPG

 

クッションフロアの糊付けです。 この後、張るタイミングが何といっても大事で、張るまでの時間をオープンタイムといいます。

このオープンタイムが長すぎると剥がれやすくなり、短いと糊からガスが出て浮きの原因になります。

季節や気温、下地の種類によってもちがいますので、長年の経験を生かし判断します。

201671193946.JPG

 

 ベテランの勘にお任せください 絶対に剥がれませんよpunch

20167119405.JPG

 

木目調の材料は、まーーーっすぐに張ります。 いい感じに仕上がりましたgood

201671194019.JPG

クロス張替え(入間市)

入間市にて  定番のbefore and afterです。

      ロフト付きの部屋ですが、とてもやりがいのある張替えでした。

 2016630171015.JPG

201663017833.JPG

東京・小平市 空専館スパロー内装のブログです

平素は当店をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
この度、お客さまによりお役に立つ情報を発信するため、本サイトでブログを始めました。

これから随時情報を更新していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ページ上部へ